iryou...25


先日、東海道新幹線車内で、
焼身自殺を図るという、前代未聞の事件が起こった。


これまで培われた、日本の新幹線の安全神話が、
もろくも崩れ去ったわけだが、あらゆる局面において、
不測の事態に備えておくことが、日々生活を送る私達にとって、
その大切さがますます増してきている。


けが人や急病人が出た時、その場に居合わせた人達が、
応急手当てを速やかに行えば、救命効果も上がるし、
病状の回復にもいい影響を与えることは、間違いない。


震災や地震などが起こった場合、
同時に多数の傷病者が発生する可能性が高い。


救急隊が到着するのにも時間がかかり、
自主救護に努めなければならない。


何かが起きた場合、人任せにせず、
自分達の生命・身体は、自分達で守るという、
心構えを職場・家庭で持たなければならない、
世の中になりつつあるのだ。


地域コミュニティの崩壊が話題になる中、
もう一度そういったものの構築が、喫緊の課題となっている。


ケガ人が出た時、放置することなく、
誰かがすぐに手当を行えるような社会にするためには、
まず、自分自身が応急手当の正しい知識と技術を、
最低限覚えておくことだ。


成人が突然死する主な原因は、心臓発作や脳梗塞だ。


胸の真ん中の強い痛みや、言葉がうまく話せないなどの、
兆候が表れている人を見かけたら、声を掛け合うようにしよう。


応急手当が早ければ早いほど、症状を抑えることができる。


また、夏になれば、ため池や川で、
溺れる子どもが後を絶たない。


大人だけでなく子どもでも、応急手当の方法を覚えておくよう、
定期的な学習を積んでおくことが、大切だろう。


いずれにしても、災害がいつどこで起きても、
不思議ではなくなっている。


社会的に具体的な知識と技術を身に付けられるよう、
取り組みを進めていくことが大切だ。